fc2ブログ
TVアニメ「超時空要塞マクロス」の二次創作を公開しています。
第18話補足
えー、ついに戦闘シーンに突入してしまいましたが、
私の文章力だけでちゃんと状況が伝わるよう、表現できてればいいんですけど、
イマイチ説明不足じゃないか?とか、なんか分からねぇ!とか思われたりしてるかも...
...とか、心配なので、ちょっと補足説明などを付け加えさせていただきます。


まず、このお話で主に舞台になってる砂漠ですが、
いわゆる砂の海...という感じではなく、堅めの地面に粗い石がゴロゴロしてるようなのをイメージしてます。

desert1.jpg
こんな感じとか。


desert2.jpg
こんなだだっぴろい感じで。


desert3.jpg
で、こんな不毛な感じの岩山があったりして。


マクロス本編でも、ボドル大戦後の地球はこんな描写でしたね。
ほとんどの地域が、こういった不毛の土地になってしまったようです。


そして、作戦の概要はおおまかに書くとこんな感じです。赤はゼントラ軍、青は統合軍。
overlay.gif

(クリックで大きくなります)


絵に描くと狭く見えますが、
指揮所から射撃陣地までおよそ20km。東京~船橋ぐらいの距離があります。ゼントラ人の尺度は人類の5~6倍なので、陣地もそれだけ広範囲。偽装もしてありますので、空から探してもまず分かりません。
それに、当然のことながら、ミサイルやロケットの射程もケタ違いです。
まずロケット部隊が前衛小隊などの先発隊を攻撃し、煙幕を構成します。
射撃陣地はいくつかありますが、ロケット部隊は一つです。一回砲撃を行うごとに、位置を変えます。
そして輸送本隊をバトルスーツ隊が襲撃…という作戦です。
もちろん、バルキリー隊の護衛があることはアゾニアも想定していますので、SAMも控えています。

さてところで、
陣地構成は一定のパターンがあり、こうして地形が限られていると、さらに最適な場所は限られてきます。
エキセドルの作戦はそれをふまえた上で、判明した射撃陣地(射撃すればすぐ位置はバレます)の位置構成から、逆に指揮所の位置をピンポイントで逆算しようという荒技です。
アゾニアのこれまで行ってきた数々の作戦から、もうエキセドルは彼女がどんな陣地配置をするか、その思考パターンを掴んでいます。言ってみれば脳を疑似アゾニア化させエミュレートする手法とでも申しましょうか。
そして今回、エキセドルは見事に成功した訳で…

…すいません。こんなヘボい説明で、お分かりいただけたでしょうか…
ともあれ、今後もおつきあいいただければ幸いです。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは、和泉です。
ミリタリー関連の解説が述べられていたので、興味深いですね。
エキセドル閣下は類まれなる戦略&戦術に長けた記録参謀だというのを改めて実感しました。
記録参謀の役割は、昔の中国の【軍師】に似ていると思います。
という事は、エキセドル閣下は諸葛亮孔明の領域に達しているのかもしれませんね。
本人も地球の歴史を調べて、全部暗記していると確信してます。
2008/08/30(土) 23:14:59 | URL | 和泉裕臣 #N.vW.TCs[ 編集]
ども。
一人の人間が作戦全般をこなす、という点では、確かに記録参謀は孔明サマちっくかも知れないですね。
でも、エキセドルだけがスゴいのではなく、記録参謀はみんなそのぐらいの能力をもっています。…はずです(笑)。
ラン参謀も負けていないので、お楽しみにお待ちください。

>本人も地球の歴史を調べて、全部暗記していると確信してます。
ゼントラーディ50万年の歴史に比べたら、地球人類の歴史なんて…
ですからね(笑)
2008/08/31(日) 17:47:08 | URL | 作者。 #f4U/6FpI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 別館大本営 all rights reserved. powered by FC2ブログ.